水クレンジングランキング

水クレンジング「こそ」選び方には気をつけて!

「マツエクしてるから」「肌に優しいクレンジングが良いから」など、水クレンジングを使いたいと思う動機は人それぞれですが・・・

 

水クレンジング選びには気をつけて!

 

 

水クレンジングと聞くと「水ってなんだか肌に優しそう」と思い込んでる人も多いようですね…。

 

メイク落としの際、
クレンジングオイルは乾燥しやすいという話題が出るようになり、「水」や「◯◯ウォーター」って付く方が良い印象。

 

 

しかし!
その印象は実態とちょっとかけ離れています。

 

「水で落とす♪」って簡単におっしゃいますけども・・・
メイク料のほとんどは油(オイル)ですよ。
「水と油」っていうじゃないですか。
決して交わることは無いんです。
油分であるメイクは本来、油分(オイル)でなきゃ落とせないんです。

 

そこで登場するのが「界面活性剤」。
こちら洗浄力は素晴らしいものの、お肌には素晴らしく悪いのです。(苦笑)
水クレンジングにはこの界面活性剤を多く配合している商品が大半です。
なので気をつけて選ばないとお肌にはとっても負担が・・・。

 

ではどんな水クレンジングを選べば良いか、詳しく解説していきます。

 

おすすめ水クレンジングランキング

 

水クレンジングの実態

ちょっと化粧品に詳しい人なら、
「水?メイクは油なのに落ちるわけ無いじゃん、きつい薬品でしょ。」
と開口一番出てきたりもします。

 

そう言われると、「水っぽい透明な洗浄剤」って想像すると、マニュキュアを落とす除光液とか、シンナーとかをイメージすれば、確かに肌に良くないような気もしますよね・・・。

 

わかりやすいのが、シートタイプの拭き取りクレンジング
コンビニやドラッグストアで以前から販売されていますのでイメージしやすいと思います。

 

 

こちらが正に「水クレンジング」をシートに浸したもの。

 

え、じゃあお肌に悪いんじゃないの??

 

お出かけ用とか手軽さ重視で
「刺激が強くピリピリしみる」
「摩擦が肌に悪そう」
など、
たまに使うのは良いが毎日はちょっと・・・という印象が強いですよね。

 

一方で、
新商品の水クレンジングの広告を見ると「肌に優しい」「潤うクレンジングウォーター」など、なんだか魅力的に見えますが

 

肌に優しいの?
肌に悪いの?
どっちが正解・・・?

 

その答えは
「商品による」
です。

 

あ、ふざけているわけじゃなくて…
実際にそうなのです。
優劣がものすごく二極化しているのがこの水クレンジング

 

先述の通りで、特にお肌にダメージの強い合成界面活性剤をたくさん配合しているクレンジングウォーターも多いので注意が必要です!
適当に選んでちゃんとメイクが落ちなかったり、肌トラブルを起こした人も…。

 

マツエク女子には特に人気の水クレンジング

まつ毛エクステをしている女子は年々増えていますね。
つけまつ毛より、自然な仕上がりで、女子力アップに一役買って、近年、世の女性には欠かせないアイテムにになりました。

 

しかし、このマツエク!
マツエク用の接着剤がオイルに弱いので、洗浄成分がオイルであるクレンジングオイルは使用不可なのです。
そこで今、知名度&注目度が急上昇しているのが
ウォータータイプの水クレンジング

 

「水」というくらいなので、オイル成分は基本的に入っていません。
なので、マツエクに使っても大丈夫。

 

ただ、
「マツエクしたから今晩からクレンジング変えなきゃ!」と「なんとなく」の雰囲気購入は非常に危険です。

 

おすすめ水クレンジングランキング

 

なぜ油であるメイクが水で落ちるのか?

こちらは水クレンジング(某商品)の成分です。

全成分
水、ラウリン酸PEG-12、DPG、BG、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、プルラン、PEG-8、PEG-6(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ、ステアロイルメチルタウリンNa、クエン酸Na、クエン酸、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

成分表示は一般的に多い順に配合量が多い順で記載されています。
ずらっと並んだこの成分

 

「クレンジングとしての洗浄成分はどれ?」
「他はなんのための成分?」

 

ちょっと調べてみました。
先頭から見ていくと

 

普通は精製水が使われています。
ラウリン酸PEG-12 界面活性剤(刺激低い)
DPG、BG、グリセリン 保湿剤は、保湿・保水目的以外にも防腐効果、感触向上
PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/ 界面活性剤(刺激低い)
プルラン 天然ポリマー(保湿性、増粘性)
PEG-8、PEG-6(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ 界面活性剤(刺激低い)
ステアロイルメチルタウリンNa 界面活性剤(刺激低い)
クエン酸Na、クエン酸 ph調整剤、酸化防止剤
EDTA-2Na 変質防止、保存料
フェノキシエタノール、メチルパラベン 防腐剤

注)界面活性剤・・・・・界面活性剤とは油と水を混ざりやすくする物質

 

前半はクレンジング剤の基材(化粧品を形作るおおもとの原料)と界面活性剤と保湿剤で、後半は、変質防止と防腐剤ですね。
一般的には、洗浄成分を知りたい場合は、1、2段目を見れば良いと言います。

 

このクレンジング自体には油分は入っていないので、前半の4つの界面活性剤は、メイク落としのために入っていると思われます。

 

よって、この水クレンジングは、界面活性剤(洗浄剤)で、メイクを落としていることがわかります。
最近では、界面活性剤(洗浄剤)はお肌用の低刺激性のものがほとんどですが、やはり、敏感肌の方で刺激を感じる方もいます。
なるべくなら避けたいものです。

 

適当に買ったクレンジングウォーターで、肌が痒くなっちゃった!
という方は・・・
もしかしたらいろいろ成分が入っているので、不運にも何らかの配合成分が合わなかったのかもしれません。

 

おすすめ水クレンジングランキング

 

水が決め手のメイク落とし

じわじわ目立ってきているのが「温泉水使用」「アルカリイオン水使用」「高還元水使用」の水クレンジングです。

 

通常、基材(ベース)としては、精製水を使用しているものが多いのですが、
その精製水のかわりにアルカリイオン水を使って、その洗浄力を利用してメイクを落とすというクレンジングウォーターが発売されています。

  • アルカリイオン水
  • 還元力の高い還元水
  • 高濃度電解イオン水
  • 電解水
  • アルカリ還元水
  • 還元水素水

呼ばれ方はいろいろですが全て同じアルカリ性電解水です。

 

アルカリ性電解水

水は電気分解すると、アルカリ性の還元水と、酸性の酸性水に分かれます。
家庭用アルカリイオン整水器をお持ちに方はよく分かるかもしれませんね。

飲用可能なものをアルカリイオン水(pH9〜10)
飲用不適のものをアルカリ性電解水(pH10〜)

と言います。

 

どうやら、
「アルカリ性電解水の油汚れを剥がしやすくする作用をメイク落としでも利用してみよう!!」

 

と、クレンジング剤の基材として使われるようになったようです。

 

洗濯用洗剤の
「イオンパワーで落とす!」のフレーズでおなじみですね。
洗浄作用の他にも、マイナスイオン水には特徴があります。

 

  • 油汚れを剥がしやすくする
  • 抗菌、防腐作用
  • ものに浸透しやすい
  • 乳化力に優れている

 

このようなアルカリ性電解水の特性をメイク落としに利用。
それによって洗浄剤である界面活性剤や防腐剤を少なくすることに力を入れているクレンジングウォーターがあり、そのようなアイテムがおすすめです。

 

ふき取りシートタイプのメイク落としが苦手
マツエクデビューで買い替え必至
手軽で且つ肌に優しいクレンジングがいい

 

そんなニーズの女子にはアルカリイオン水使用のメイク落としがおすすめですよ♪
温泉水を使ったクレンジングなども、アルカリイオン温泉の特徴を活かしてメイク落とし製品にしたものが多いです。

 

水クレンジングを使ってみました!

どんなものかと実際に使ってみたところ・・・
想像してた以上にイイです♪

 

使ったのは洗い流すタイプでなく、コットンでふき取るタイプのメイク落とし。
ボトルを傾けてコットンにパタパタと水クレンジングを浸します。
お肌を強くこすると負担になるので、緩い力でゆっくり撫でるように拭きとってみました。

 

 

しっかりメイクが落ちます

 

アイメイクはまぶたの上で2秒ぐらい軽く押さえてからスーッと動かすと
すっきり取れます!

 

コットン1枚目の表面、裏面と使い、
コットン2枚目の表面はまだメイクの色がつきましたが、裏面を使う時には全く色が付かなくなりました。

 

ちゃんとメイク落ちてます♪
あの拭き取りシートを使った時のようなヒリヒリ感も全くありません。
保湿成分も入っているせいか、翌朝まで乾燥を感じることもなく、使用後も快適でした!

 

水クレンジングの人気ランキング

 

くすみ・毛穴ケア・毛穴引き締めにも効く??

年齢とともに進んでいくお肌のくすみ。
年齢問わず、肌悩みの常に上位の毛穴の悩み。
この2つの肌悩みにも、アプローチしている水クレンジングがたくさんあります。

 

なぜ、水クレンジングがくすみや毛穴ケアにイイと言われるのでしょうか?
そもそも、くすみも毛穴の悩みも、角質の問題です。

 

 

古い角質が排出されていく、ターンオーバーが正常に働けば問題解決なのですが、加齢や体調、ホルモンの影響、ストレス等で乱れることが多いです。
毛穴の大きさは遺伝で生まれつき決まっているそうですが、詰まりや開きはケアできます。
ここで必要になってくるのが角質ケアがです。

 

角質ケアのポイント

 

保湿

肌が十分潤っていると、キメがふっくらとして毛穴もしまり、保湿でバリア機能がアップすることにより様々な刺激から守られ、くすみの予防にもつながります。

 

無理やり角栓を取らない

気になる毛穴の角栓ですが、毛穴シートや爪で引っ掻いて取るのはよくありません。

 

ピーリング

油性のクレンジングでは、毛穴汚れは落ちますが、タンパク質である古い角質は落とせません。
本格的な角質ケアはやはりピーリングが必要です。

 

水クレンジングにはこのピーリング効果のある成分を配合している商品が発売されています。
これが「くすみや毛穴ケアにもイイ!」と言われる所以です。
低刺激な植物性成分配合のマイルドなピーリングができる商品もあります。

うる落ち水クレンジングを解析!

水クレンジングといえば、プチプラで人気のうる落ち水クレンジング(ビフェスタ)がありますね。
ランキングサイトでもいつも上位常連!

 

 

300ml1000円前後なので確かにお安いです。
でもお安いのにはそれなりの理由があるのかも・・

 

そこでうる落ち水クレンジングの口コミを見てみると、良い口コミがある一方

  • ヒリヒリとした刺激を感じる
  • メイク落ちが悪い(ポイントメイクは専用でないとダメ)
  • コットンの刺激が気になる(結構たくさん必要)

という声も多くありました。
実際のところ、うる落ち水クレンジングはおすすめできる商品なのか、
「成分」「洗浄力」「刺激」
について詳しく解析してみました。

 

うる落ち水クレンジングの成分

うる落ち水クレンジングにはブライト・モイスト・エンリッチの3種類あります。
まずは成分ですが、この3種類とも共通してかなり多くの界面活性剤が使われています。

ラウリン酸ポリグリセリル−10、カプリル酸ポリグリセリル−3、PEG−6(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ、PPG−14ジグリセリル、ミリストイルグルタミン酸Na、ココイルアルギニンエチルPCA、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

これ、
全部界面活性剤です。
主に乳化剤・洗浄剤として使われていますが、水ベースの水クレンジングはメイクとの馴染みが悪いので仕方がないものの、ちょっとすごい種類ですね。。
メイクがよく落ちる!ついう口コミもこれらの界面活性剤の配合量がなせる技。
使用する場合にはなるべくパパッと済ませるようにしましょう。
ゴシゴシ強く擦ったり、長く肌につけておくと肌の必要な皮脂まで取ってしまいます
また主成分のDPG。こちらは目にしみる成分ですので、目に入らないように注意が必要です。
こちらも界面活性剤と同様、敏感肌には刺激になる成分です。

 

ただ、うる落ち水クレンジングには化粧水としての効果もあり、乾燥するどころかきちんと保湿されているように感じてしまう方もいるようです…。
これが配合成分のパワフルさに反して口コミが良い由縁なのですね。
うる落ち水クレンジングには界面活性剤が多く使われていますので、肌への負担が大きく、敏感肌や肌が荒れている時などは刺激を感じやすくなりがち…。
お肌のコンディションをみて使用しましょう。

 

うる落ち水クレンジングのメイク落ち

洗浄力ですが、口コミからもわかるようにうる落ち水クレンジングではポイントメイクは落ちにくいです。
別にうる落ち水クレンジングアイメイクアップリムーバーという商品があるように、ポイントメイクは別にクレンジングする必要があるといえます。

 

 

ポイントメイクも問題なく落ちるなら別に販売しなくてもいい訳ですから。
もしうる落ち水クレンジングだけでポイントメイクまで落とそうとゴシゴシすれば、肌に刺激を与えてトラブルの原因になってしまいますので気をつけましょう。

 

うる落ち水クレンジングの刺激

最後に刺激についてですが、うる落ち水クレンジングはコットンで拭き取るため、使い方によっては肌を擦って傷つけてしまう恐れがあります。
クレンジング剤をたっぷりコットンに含ませて擦らないように注意することが必要。
たっぷり使い、擦らず短い時間でメイクオフするように気をつけましょう。

 

結論としては・・・
うる落ち水クレンジングは界面活性剤の配合量が多いので毎日使うのはどうかと思います。

  1. 疲れてお風呂にも入りたくない
  2. メイクを落とすのが面倒(洗顔したくない)

という時には便利な商品だと思いますが、お肌のことを考えれば推奨は出来ません。
遅く帰った夜に、メイクをしたまま寝るよりはマシ。。といったレベルでしょうか。

 

水クレンジングを選ぶポイントは安価というだけでなく、界面活性剤の配合量が少なく肌に優しいものを選ぶのがおすすめです。
水クレンジングでもアルカリ電解水を使うことで界面活性剤の配合量を減らし、肌に優しいアイテムや、洗い流すタイプもあります。

水クレンジングおすすめランキング

では実際に、水クレンジングの場合どんな商品を選んだら良いのでしょうか?
本当に肌に優しく安心して毎日使えるクレンジングウォーターをランキングでご紹介します。
メイク落とし選びの参考にしてくださいね!

水クレンジングおすすめランキング1位

リメイ(Remei)ちゅららクレンジングローション

 

ふき取るタイプ

 

パパイン酵素で落とす!4つの無添加で肌に優しい♪
ちゅららのクレンジングローションは、肌に負担をかけない洗顔を追求してリリースされた、自然派クレンジングウォーターです。
パラベンフリー、合成香料フリー、タール色素フリー、紫外線吸収剤フリー、アレルギーテスト済みで安心して使えます!

 

コットンに適量を含ませて、ゆっくりやさしくふき取ります。
アイメイクは数秒優しくおさえてからすっとふき取るのがきれいに落とせるコツ。

 

ちゅららクレンジングローションの4つのポイント!
  • 洗い流しが入らないシングル洗顔
  • さっと時短ケアだからいつでもOK
  • 4つの無添加+アレルギーテスト済みで肌に優しい
  • 水なしで使えるからどこでもOK

 

おすすめ度
容量 150mL
価格 2,500円
香り
ダブル洗顔 不要
濡れた手 ×(コットン)
マツエク
無添加 4つ

 

◯おすすめポイント◯
メイク落ち、低刺激性共に◎。

 

▲いまいちポイント▲
価格がややお高め。

 

公式サイトで詳細を確認

臨床試験実施済み・皮膚科医×エステティシャン共同開発アイテム

おすすめクレンジング人気ランキング第2位

フルリ クリアゲルクレンズ

 

洗い流すタイプ

 

おすすめ人気ランキング2位は、美容皮膚科クリニックから生まれた毛穴が目立たなくなるクレンジング
美容液成分が99.3%配合されていて、臨床試験済みの実力派です。
通販だけでなく日本全国450店舗以上で店頭販売している、人気の高い商品。
メイクを落としながら毛穴ケアを行い、尚かつ無添加でという難しい条件を美容皮膚科ならではの知識と技術でクリアした、質の高いクレンジング剤です。
使うほどに毛穴の黒ずみが目立たなくなっていくと様々なランキングサイトでも評判。
マツエクOKダブル洗顔が推奨のクレンジングです。

 

使用感

手のひらに出した瞬間とろーんとしてとても気持ちのいいテクスチャです。
それは顔に伸ばしても同様でクッション性を感じます。明らかに肌への負担は無さそう。

 

 

すごく滑らかな肌触りなのに、すすぐとしっかりメイクが落ちていてビックリしました!
すすぎはやや時間がかかる印象です。でも洗い上がりはすっきりしています。

 

おすすめ度 水クレンジングランキング
容量 150g(約1ヶ月)
価格 2,900円
香り 無香料
ダブル洗顔 要(すすめている)
濡れた手 ×
マツエク
無添加 11

 

◯おすすめポイント◯
防腐剤フリーなので、その辺、気にする方にはおすすめのクレンジング。水素水よりも還元力が高い、還元水を使用している。

 

▲いまいちポイント▲
お値段高め。初回限定も17%OFFとそれほど安くない。

 

フルリクリアゲルクレンズ・公式サイト

水クレンジングおすすめランキング3位

リメイ(Remei)ターマルウォータークレンジング

 

ふき取るタイプ
水クレンジング

 

濃厚メイクもするりと落とす!なのにお肌に優しい♪
使用感、メイク落ち共に文句なしです。
ベースは温泉水で、純度100%に近い超純水を使用。
セラミドやプロテオグリカン、オーガニックエキス配合で、お肌を優しくいたわりながらメイクをするっと落としちゃう優れもの!
マツエクOK!ダブル洗顔不要、6つの無添加。目にしみないのも魅力です。

使用感
少しトロミがあるので伸びもよく、メイク落ちもばっちりです。

 

水クレンジング

 

使用後もヒリヒリ感、つっぱり感全く無しで肌が潤っています。
大容量だからケチらずたっぷり使えるのが嬉しい♪

 

おすすめ度
容量 400mL(約1ヶ月)
価格 2,200円 (10mlあたり55円)
香り
ダブル洗顔 不要
濡れた手 ×(コットン)
マツエク
無添加 6つ

 

◯おすすめポイント◯
肌に優しいのにメイク落ち◎。大容量でダントツのコスパ!

 

▲いまいちポイント▲
定期便がなく、継続購入での値引きはない。

 

リメイ 水クレンジングの公式サイトで詳細を確認
リメイ 水クレンジングの口コミをチェック

水クレンジングおすすめランキング4位

オルビスクレンジングリキッド

 

洗い流すタイプ

 

軽くなでるだけでメイクを落とし切る!
水クレンジングランキング4位は、人気コスメブランドのオルビス
水ですすいだ瞬間するりと流れ落ち、スピーディに洗い上げます。
100%オイルカットだから、不快なヌルつきや油膜感もゼロで、ニキビ肌の方にもおすすめ。
濡れた手でも使えるからお風呂でも手軽にメイクを落とすことができます。
1987年の発表以来、年々ファンを拡大し続けているクレンジングです。

 

使用感
美容液のようにとろみのあるテクスチャー。
肌にスーッと伸びて心地良いです。

 

 

メイク落ちもしっかり、そしてすすぎの早さが見事。お肌からパッと離れて即すすぎが完了する気持ち良さがやみつきになります。

 

おすすめ度 水クレンジング
容量 150ml (約1ヶ月)
価格 1,440円(詰替え用は1,245円)
香り -
ダブル洗顔
濡れた手
マツエク
無添加 -

 

◯おすすめポイント◯
とにかくメイク落ちとすすぎの良さが秀逸な水クレンジング。
しみることもなくつっぱり感もなし。
濡れた手OK、マツエクOKでかなり使い勝手が良い。

 

▲いまいちポイント▲
ダブル洗顔が必要

 

オルビス水クレンジングの公式サイトで詳細を確認
オルビスクレンジングの口コミをチェック

 

水クレンジングおすすめ人気ランキング第1位へ戻る

 

*この記事のライターは、Noriでした!

水クレンジング人気ランキング|メイク落ち&肌への優しさ共に合格なのはコレ!記事一覧

オルビスクレンジングを使ってみました!マツエクOKのクレンジングを探していて「ん? 良いかも!」と思ったのが!オルビスクレンジングリキッド大手化粧品メーカーであるオルビスで販売されていて安心だし、肌に負担をかけないことをコンセプトにしているメーカー。最近敏感になってきた私の肌にも良いに違いない!と思い、オルビスのクレンジングを購入しました。パッケージを簡素化してかつリフィル形式を採用しているので環...

リメイ(Remei)の水クレンジングを使ってみました!私はクレンジングを同時に何種類も使い分けています。そのうちの1つに最近加えたのが、リメイの水クレンジング!正式名称はリメイ(Remei) ターマルウォーターというらしいですネ。水クレンジングは肌に刺激が強いのでたまにしか使いません。以前使ってたメイク落としがちょっとヒリヒリしたので、お肌に優しくてメイクがちゃんと落ちるアイテムを探していたところ...